コツを覚えよう|志望動機を書くなら基本をしっかり押さえよう

コツを覚えよう

本

自分自身の貴重な体験などを文章にする

大学進学のために受験する時に、志望動機を書くと思います。その際に必要な志望動機を書くコツを紹介していきます。志望したキッカケとなる文章の際には、自分自身の体験を読む相手にわかりやすく伝わるように書くことを意識して書くようにすると良いでしょう。よく見かけるような文章ではなく、書く方しか体験していないような具体的な内容を求めています。採点する方の印象にも残りやすくなるので意識して取り組んでみましょう。

理由について深く掘り下げる

例文などでもよく見かけると思いますが、志望動機とは何故この大学を選んだのか?その問いに対して具体的な意見を求めています。そのため、ただ学びたい学科や分野を述べるのだけでは相手に情熱や意思は伝わらないということを頭に入れておきましょう。どういった教授がいて、その方の専門としている授業を学びたいなど具体性を強く意識して書くように心がけると良いでしょう。そういった大学の専門分野など、細かな情報が必要になります。そのためオープンキャンパスやパンフレット、その他の情報網を使って調べることが大切です。

オープンキャンパスに参加する

受験を希望する大学のオープンキャンパスが開かれる場合には、必ず参加するようにしましょう。それはオープンキャンパスではその学校の良さをより深く発見することが出来る貴重な体験だからです。その際に聞ける担当者の話や体験は、志望動機を書く時にも役に立ちます。そのため、オープンキャンパスを参加する時には、担当者の話をよく聞いてわからないことがあれば質問などをすることが大切です。そして志望動機を書く時の為にメモを取っておくと良いです。

第三者に添削を依頼する

意外と思われるかもしれませんが、志望動機には最低でも5回程は第三者に添削を行なってもらうものです。そして、書くときには、半年前から書き始めることが大切です。文章が苦手な場合は、添削を依頼する国語の先生や進路指導の方からの指導をきちんと受ければ、書けるようになります。何回も繰り返して、文章構成などのコツを覚えることが重要なのです。そうすれば、志望動機として出せる文章を書くようになれるでしょう。その時に志望動機の例文を読んだりして学ぶ工夫も大切です。

広告募集中