理解を深めることが大事

志望動機を書く前に読んでおくとタメになる情報を紹介しています。それらを事前に知っておくことは、文章をスムーズに書くことにつながるでしょう。他にも志望動機に関するよくある質問を紹介しているので、わからなかったことについて理解を深めることが可能となります。

攻略の仕方を学ぼう

バリエーションを増やす

例文などを参考に志望動機の書き方を勉強していればお気づきの方も多いと思うのですが、文章最後の口調や言い回しが繰り返しになっていないか気をつけるようにしましょう。例えば「~と思います。」などの文章を続けて使わないようにしてください。

複数の内容を入れない

志望動機を書くときには、あまりにも熱意に溢れた文章を書こうと意識しすぎて一つの文章に一つ以上の文章を入れてしまうことがあります。それでは、一つの文章が長くなる原因になるので一つの文章に内容一つ、と意識して書きましょう。

話し言葉に気をつける

日常生活で正しい言葉を使おうと気をつけていても、普段から使用している言葉などが染み付いて癖になっている場合があります。その時に、志望動機でも話し言葉などを書かないように気をつけましょう。他には誤字脱字や漢字の間違いがないかなど、確認をする必要があります。

原稿用紙の書き方

普段から原稿用紙に文章を書いていない人であれば、原稿用紙の書き方は忘れがちなポイントがいくつか出て来るかと思います。基本的な事ですが、文章の始めや段落を変更する場合は一マスあけることを覚えておきましょう。かっことじなども一マス使用して使うので忘れないようにして下さい。

言葉を使い分ける

話し言葉の件と同様のことが言えるのですが、自分自身や相手の立場を表す言葉を使う時にも注意が必要です。特に自分の事をそのまま自分と書くのではなく、私と書くようにしましょう。志望大学を貴学といった、使い方を事前に学んでおくとスムーズな文章が書けるようになります。

志望動機を書く前に知ろう

文房具

自分を分析しよう

志望動機など、自分のことについて他者に伝わるようにアピールするためには自分のことをしっかり理解しておくことが大事です。何故なら自分を知らないで、他者に自分を伝えることは難しいからです。そのためには、自分が一番アピールしたいポイントは何なのか考えておくことが大切です。

志望大学の理解を深める

いくら志望した大学でも、しっかり調べてみない限りわからないことが多いものです。志望する大学の理解を深めるためにも、オープンキャンパスや体験などを積極的に参加するようにしましょう。実際に見たり聞いたりすることで、パンフレットではわからないことを感じられることが出来ます。それらを知ることは、自分と大学がどれだけ合うのかを確かめる方法になります。

志望動機のよくある質問

志望動機の構成を簡単に教えてください

志望動機の理由をまず初めに掲げます。そこで自分が何故それらを目指すきっかけになったかの経緯を説明して、志望大学で学びたい理由と結びつけて書くと良いです。構成通り順番をつけて書いていくと読みやすい文章になります。

最も強調して伝えるポイントとは?

志望動機の文章の中で最も強調すべきポイントは、この大学に入学することが自分の夢や目標を叶えるための重要なことだということです。そこを重点的に意識して書けば、熱意が伝わりやすい上に、目的意識が相手に伝わりやすいと言えるでしょう。

気をつけるべきことを教えてください

志望する大学の情報についてきちんと理解をしていることが重要です。学部や研究内容なそ細かな情報を間違えて覚えてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまいます。そのため、確実な情報を正しく理解することが必要だといえます。

好印象にするにはどうすればいいですか?

好印象というより、大学が何を求めているかを考えることが大切だといえます。それは志望動機は書いているうちに自分の要望ばかりになってしまいがちなので、大学の求めているものを忘れないように意識して書くことです。そのため、大学が望む生徒像に自分が当てはまるか考えましょう。

注意点をあげるなら何でしょうか?

受験の際の試験官は、多くの受験者の志望動機を読むことになります。そのため、志望動機を実際に書く時にも注意点があります。それは伝えたい内容を簡潔にまとめることです。読む側のことを意識して書くと自然とそれに近いものになっていきます。

[PR]

志望動機の例文を作成
役立つ情報を確認
広告募集中